人気ブログランキング |

こちらは友達のいない管理人がサンフレッチェ広島について気ままに書くゆるゆるブログです。なお私がこの場に不適切と判断したコメント・トラックバックは削除いたしますのでご了承ください。


by somewheresw
カレンダー

2006年 07月 23日 ( 2 )

デートがあって忙しいとかいうの理由があれば理想なのだがそんな予定もなくヒマなので行ってしまった。

スタメン
広島
   
       上野     前田
 
       大木     高柳
 入船                八田
           桑田

    小村    戸田   西河
  
           木寺

後半
八田→チョ、小村→橋内、戸田→槙野

神戸はBOXの4-4-2

得点
広島
前半3分 左から高柳が蹴ったCKが一度相手DF陣に弾かれるが左サイドにいた高柳が拾って右足でクロスを入れて上野のヘディングシュートが入る

神戸
後半12分くらい
神戸がボールまわしてペナルティーエリア真ん中あたりにスペースができそこにスルーパスを出してそれを神戸の7番だったかがキックで入れる
後半44分
左サイド(広島側で言う右)から崩されて入れられたような

感想;
まぁ後半は途中から睡魔に襲われて半分寝ていたような状態だったので参考程度に。
前半は運動量もあったからわりと広島がペースを握っていたように思う。
サテライトレベルだからだろうが、中盤にいる高柳と大木にボールがよく収まる。この日いたメンバーの中でやはりトップに近いところにいると思う(つうかベンチ入りまではしているから当たり前か)
そしてキャプテンマークは高柳だったが、事実上はりべロ戸田がキャプテンみたいな状態でDFラインからしっかりコーチングがよく飛んでいた。おそらくあのポジションは周りを的確に動かせるような戦術理解とリーダーシップがないと不味い。それを改めて感じたのは後半戸田がいなくなった後半はチームの運動量が落ちていったせいもあって2失点以外にもPKを与えてしまうなど神戸にかなり押し込まれていた。

槙野もコーチングしているのだが戦術理解だとか後輩だからというのもあるが戸田ほどチームに影響与えるものでもなかった。1対1でも勝てない場面もあったりフィジカル面がまだトッププロでやるにはもう一回り欲しい。槙野は今トップで使うには早過ぎると感じさせられた。ただ今いる若手DFの人材では槙野が一番リーダーシップ能力もあるし、体のバネもかなりあるし将来は期待できる人材であることは付け加えておく。

小村はベテランらしいプレーぶり。ただ、戸田がいたからだろうかただのストッパーであっただけで戸田に見られるような声もそれほどないしリーダーシップもない。小村が完全に直ってもスリベロは無理だと思う。西河はいいプレーもあるが軽率なプレーもあり安定感がなく使い辛い。前田は体が以前よりかなり絞れているが、彼の特徴である1対1の強さがなく相手選手と1対1でのドリブルでは抜けずにボールがとられシュートまでもっていけない。今の彼では外されるのも当然で去年のような切り札にはならない。早く壁を乗り越えて欲しい。
入船は戸田に「早すぎる」と慌ててボールを出す癖をしきりに注意されていて八田は「下がりすぎだ、もっと上がれ」と注意されていたのが印象的。
by somewheresw | 2006-07-23 19:43 | サテライト
目指すところへの完成度の差が出た試合かなといった感じ。
サッカーのセオリである試合開始時、終了間際時、点が入った後にギアーをトップに入れて相手に押し込むというのは前半は開始時上手く抑えたが、その他は上手くやられてしまった。特に後半初めに押し込まれたのはやはりジェフの試合巧者ぶりを見た気がした。

ケガ人が出ていたりしているからもあるが、今まであまり使われなかった青山、中里、柏木、入船が使われているのは新監督に切り替わったからというのが大きい。
特に青山は攻撃面でかなり貢献しており2点目のウェズレイのゴールにつながるプレー、点は決まらなかったが寿人への絶妙なスルーパス、ミドルそして最後まで後方から前線の選手を追い越して果敢に攻めに出るとこの日観に来ていた観客にインパクトを残せたと思う。久々にサンフレッチェから「そこに移籍やらケガ人などで他に人材がいなかったから」という運ではなく実力でポジションを奪い取るであろう生え抜きの若手選手が現れた感がある。
そして青山だけでなくチーム全体的に運動量は小野氏の時代やら中断前よりも上がっていたのは今後に期待感を抱かせるものだった。また一部選手を除いては小野末期、望月時代の偶然性に頼るタテポンサッカーではなくDFラインからも意識をもって繋いだりDF裏へ出すなど意識があるパスをだそうとしているのは好感がもてる。

Jリーグ再開前には不手際でグアムに行けずリーグトップレベルのG大阪と練習試合ができなかった。結局中断期間に練習試合をしたのはC大阪・福岡というJリーグ残留争いしているチーム。だからこの日までJリーグトップレベルの攻撃を喰らったことがないわけで、ジェフ相手に4失点してしまったことはチームにとってもペトロビッチ監督にとってもいい反省材料になっただろう。右サイド側の穴ぶりはジェフ戦でもそれほど修正できないようでしたし、DF陣の高さへの不安も感じさせられた。近いうちにDFの人選など見直すかもしれませんね。 個人的には駒野を右サイドに上げてフィードの精度が低く攻撃面犠牲になる可能性高いが八田か槙野を入れた3バックをみたいがペトロビッチのこだわりもあろうし小野氏の人選よりは不満ないので補強待ちかな
しかしワールドカップ明けの試合、4年前のG大阪戦は平日水曜日広スタという条件でも宮本フィーバーで11177人、一方でサンフレから駒野が代表へ行き、対戦相手もオシムやら巻など今話題のあるジェフ戦、土曜日ビッグアーチで13432人。

このところの一般層の観客減の流れはこの日もとめられず、このまま抜本的対策を怠れば、サンフレッチェはそのうち今のモー娘。やプロレスみたいに世間と隔絶され少数一部のマニアだけに支えられる状況になってしまい縮小再生産のサイクルに入ってしまう。チームは上向きになってきているのだから今度は球団の番だ。
by somewheresw | 2006-07-23 08:13 | sanfrecce