人気ブログランキング |

こちらは友達のいない管理人がサンフレッチェ広島について気ままに書くゆるゆるブログです。なお私がこの場に不適切と判断したコメント・トラックバックは削除いたしますのでご了承ください。


by somewheresw
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:ユース( 38 )

実況が広島経済大学びいきなのはムカついた。しかも「これまで主力組で勝ち上がってきた決勝」と抜かしていたが、主力が出たのは初戦、せいぜい2回戦修道大ぐらいですよ。もっと勉強してくれや、NHK広島さん。

試合ですが前半2点取ってリードしていたのですが、高校1年で今までの試合でも後半はスタミナが切れる傾向があり、この日は前試合までと違って控えに主力がいないし後半に前半見せたような素早いプレスかけられるかというのが心配であったが、経済大学は今までの対戦チームにいなかった得点元になりうるスーパーサブが後半からでてきたFWにやられて追いつかれてしまい延長ドローで終わってしまいPKで負けた。試合後どのような表情だったのだろうかあまりTV中継で見られず残念ではあった。去年の天皇杯のように悔し泣きするくらいならこれからにつながると思うのですが。

あと、腕にケガしていた横竹君がフル出場には驚いたがこの日出ていたFWの選手では軸の一人となっていたし、将来ケガに強い選手になれというメッセージだったのだろうか。とにかく来年のユースはフィールドプレーヤーに関してはこの日でた選手に2年生と平繁・野田のU17候補がいて選手層が厚くなってきそうです。心配はキーパーの背の低さ手足の短さでしょうか。
by somewheresw | 2004-08-30 22:26 | ユース

ふと思ったが

台風16号の影響であさっての全広島決勝延長ってありえないのだろうか?

基本的に高校1年対大学生というのも凄いが、もし暴風雨の中での泥んこサッカーな試合になったらフィジカル面に劣るユースがますます不利になりそうです。
by somewheresw | 2004-08-27 21:07 | ユース

未確認情報ですが

次の日曜日ビッグアーチである全広島決勝でサンフレッチェ広島ユースはAチームで来るという話を先日某飲み屋で聞きました。なんでも先週サンフレッチェ関係者がそう話していたと。
がしかし、そのサンフレッチェ関係者がユースと直接係わり合いない人だそうですし、私が直接仕入れた情報でないので 東スポのUFO記事くらいに頭に入れて置いてください(ぉぃ)

追記
やはり誤報であり、29日はBチームでいくようです
by somewheresw | 2004-08-23 22:47 | ユース
やりました、ユース4-1でジュビロユースを倒しで2連覇です。
前田俊介がハットトリックの活躍で期待の1年生FW平繁が1得点。
ついでに俊介は大会MPVに選ばれました

詳しくはこちらで(ジュビロのHPですが)
あとこちら(ひしゃくより)
写真こちら(JビレッジHPより)

おそらく今年も試合重ねていくたびに強くなっていったんだろう。高円宮杯は俊介、一誠がトップに呼ばれる可能性もありますが、1年生にも有望な選手がいるし去年取り逃したタイトルである高円宮杯を取ってきて欲しいです。
by somewheresw | 2004-08-08 19:50 | ユース
昨日、劇的な勝利で予選リーグ突破して今日FC東京との決勝トーナメント1回戦を2-1で勝ち抜いたサンフレッチェ広島ユース。

去年は高校年代サッカー界に一大旋風を起こしたチームであったが、今年は選手が代表やらトップチームに引き抜かれたりとコンビネーションがとれずに、去年ほどチームが出来上がっていないように見えた。
しかし、今年ユース通の方と話したとき「去年のチームは夏、Jビレッジに行って勝ち抜いていきだしてからチームは変わったんだ」と。確かに、Jビレッジは勝ち抜けば、1週間ほどの間に次々に全国からの強豪と真剣勝負で戦うことができるし、今までまともにチーム練習ができなかったものを埋めることができる強化合宿みたいなものにもなるわけでもある。聞いたところ、昨日は終了間際に執念でとった決勝点だったらしい。
こちら参照

あと2つ勝てば連覇である。今年広島に有望な1年生が多く来たのも去年の実績があったからだろう。結果を残してさらに強いチームに変貌して、下からトップを変えていって欲しいものだ。
by somewheresw | 2004-08-05 20:52 | ユース
4-1(前半0-0)でサンフユースが勝ちました。
広島ユースの得点者は佐藤将3、木原1。

スタメン

       古本
  藤澤       松田
       野田

    保手濱   福本

遊佐  植野  田中   中山

        栗崎

サテに前田、森脇、桒田、槙野、藤井が参加したのか、1年生中心の修道大戦みたいなスタメン。

前半はこないだの修道大戦みたいに相手に支配されるかともいう心配もあったが、予想以上に中盤がセカンドボールを拾ったりして頑張ってほぼ互角の状況。中盤の野田、保手濱中心にボールを散らしていたりしてほぼ互角。今日は野田のキープ力パスの散らし方の上手さなど能力の高さを見ることができて、1年生中心のBチームの将来性、成長する姿を見る楽しさみたいなものがあった。
前半はあまり危ないシーンもなかったけど前線で落ち着かせられずに点取れそうな決定的シーンもほとんどなかった。
前半33分ごろに藤澤が足を痛めたかで佐藤将と交代。佐藤将はCFに入り古本は藤澤の所へ。

後半開始したころから、フジタSCが攻めにきて6分に右サイドから崩されて色々やっているうちにこぼれ玉を決められて先制される。さすがに30度を超える暑い状況で1年生中心のチームは疲れが出てきてこのままではゲームが壊れる恐れもあったからだろう、12分に柏木、木原を遊佐、古本と交代で同時投入。
その後、少し経ってからさらに大屋を中山と交代でいれて左サイドバックにいれて右に松田を廻す。
       佐藤将
   木原      柏木     
       野田

    保手濱   福本

大屋  植野  田中   松田

        栗崎

レギュラーの2人が入ってからは相手フジタSCのスタミナが落ちてきたこともあって、前線で基点ができてサンフユースが優勢になる。しばらく何度かチャンスを作るが後一歩のところで決まらなかったが、21分佐藤将が右足でシュート決めて同点。

その後もサンフユースペースで試合が進み、何度も決定的シーンがあったが決められず、延長戦あるいはPK戦も頭に浮かび始めた後半40分ごろ、左CKからまた佐藤将が決めてついに2-1で逆転。ゴール決めた佐藤将は喜んで応援していた私達のところに走りこんできて来て感激した。
さらに42分ごろに左サイドの大屋からのクロスをまたしても佐藤将が決めてハットトリック達成3-1。44分木原が抜けだしてGKと1対1になったところを決めて4-1。そしてこのまま試合終了。

試合後、監督がサポの方と話しているのを聞いたが決勝は同じ日に別の試合があるそうで今日以上の凄いメンバーになりそうとのこと。あと一誠はJビレッジでのクラブユース選手権に行かずトップとの練習に参加するそうです。
by somewheresw | 2004-07-25 15:02 | ユース
スタメン

  藤澤 松田 古本

     保手濱

   福本   遊佐

 森脇 藤井 田中 中山

       栗崎

今年は天皇杯初戦は9/23福山であり、その2日後には昨年逃したタイトル「U18高円宮杯」初戦があってこなすことが非常に困難な過密日程となるので、全広島の優先度がどうしても下がってしまう。また近日中の最重要試合は10日の多々良との試合ということもあって主力を過度に使うわけにはいかない。そのため登録選手20名のうち昨日スタメンでなかった9人と森脇、藤井がスタメンになった。

私自身、私用で開始30分すぎてからきたのだがそのときにはもう1-0でサンフユースのリード。後で聞いたところによると、1点とるまでは修大に2,3回決定的場面を作られてはいたが修大の決定力のなさのおかげでなんとか失点せずに済んだらしい。先制点は前半20分に藤澤の豪快なミドルシュート。私が会場に着いた30分すぎからはほぼ互角の展開。しかし前半終了ごろになるとサンフユースの前線の選手の運動量が落ちてきた。

後半
  藤澤 前田 古本 (8分柏木)

     保手濱 (35分桒田)

   福本   遊佐

 森脇 柏木 田中 中山

       栗崎

になる。前線に俊介、さらに古木が足をつって柏木が入るとやはりボールの預けどころができて起点にできるからか、攻撃面が改善されてきた。後半20分に前田が柏木からのパスをペナルティーエリア内で受けてフェイントをいれて右足でのシュートが入り2-0。そしてそのままのスコアで2-0で修大に勝利。

ある人と日本でドリブラーが育たない理由の一つに審判の判定の影響があると話していたことがあったが、今日の試合はそれを実感させられた。
前田俊介とか遊佐がドリブルで突破しようとしたときにDFが足を引っ掛けたりユニホームを引っ張ってもつれて倒れてもほとんど攻める方のファールにされて、これではドリブル突破とか1対1での勝負ができなくなる。アマチュアではあるが、こういった点を改善しないとサッカーは見ていて面白くなくなると思う。
by somewheresw | 2004-07-04 14:12 | ユース
先発メンバー

   前田   富成   木原
 
        田中祐
    柏木      桒田

 大屋   藤井  槙野  森脇

        佐藤昭


得点: 前半10分ぐらいに前田、後半15分にも前田、後半30分に富成だったはず

で3-0で勝利。3点差がついてから富成、木原、森脇、桒田だったかの4人くらい選手が入れ替わった。

メンバーが代表やらトップに引き抜かれたりで選手がそろって練習できていないせいもあって、昨年のような連動する動きのある鮮やかなパスサッカーができていない。サイドバックが攻撃にあまり絡めなかったりと4バックの意味があるのか疑問な状態でした。

話によると、当初7日からの北海道キャンプに参加予定だった前田、森脇、高柳、佐藤昭、桒田らユース選手もこないだのプリンスリーグ観音戦敗北で、高円宮杯全日本ユースにいけるかどうかが危なくなってきたのでほとんどの選手が急遽不参加になったらしいです。  
by somewheresw | 2004-07-03 14:13 | ユース