人気ブログランキング |

こちらは友達のいない管理人がサンフレッチェ広島について気ままに書くゆるゆるブログです。なお私がこの場に不適切と判断したコメント・トラックバックは削除いたしますのでご了承ください。


by somewheresw

<   2004年 06月 ( 22 )   > この月の画像一覧

6/16横浜Fマリノス戦展望

          田中

      カズ    浩司

服部  サンパイオ   李   駒野

  小村   リカルド  吉弘

         下田

SUB 佐藤昭、大木、田村、外池、吉弘

だそうです。
チアゴが1stステージ絶望とのことで、明日以降も厳しい戦いになりそうです。
横浜も久保、奥が出られそうにないなど怪我人続出だそうですが、レギュラーでない控え選手もチーム変えればレギュラー狙えそうな人材がいっぱいいますからウチと大違い。
おそらく田中ワントップは5/8の柏戦やサテ見る限りでは期待薄なので虐殺状態の負けでなければよしとしないといけないかも。

あと、subに田村が入っていたのは意外だった。こないだまで不調で1stステージではトップにあがると思えなかったけどもちなおしたのだろうか。一方でトップ入りが見えてきたと思われた木村は調子落としたのだろうか?
by somewheresw | 2004-06-15 20:46 | sanfrecce
こちら
にあるように「応援棒反対」だったわけで昨日は受け取り拒絶したろうかとも思ったのですが、一応どんなものか試してみて反論書くべきということもあって普通に受け取りました(ヲイ)
で、試合開始までの待ち時間にストローで膨らまして叩いてみたら
「ぽ~ん」と高音でどう考えても手で叩いたほうがいい音だと改めて感じました。
ほかに棒を股間の前に立ててこすって遊んだときは相方に呆れられたw
だから試合開始するときには風船棒の空気を抜いて片付けてました。
しかし、2万の観客が「サンフレッチェ・コール」以外は鳴らさないでといったにもかかわらず応援歌にあわせずっと叩き鳴らしていて、その音はB6横にいてもかなり響いていて「これが手拍子ならいいんだけどなぁ」って思うくらい大きかった。しかし集団の「ぽ~ん」がリズム合わせるための太鼓の音、B6サポの応援歌をも消し去りただ「ぽ~ん」が鹿島サポの応援、サンバに対抗するように会場を包んでいた。

チーム関係者はこの様を見てどう思ったのだろう?
もしもこれがよかったとか成功とみるなら、もうB6で「HIROSHIMA NIGHT」のような応援歌はやめて、各自が適当なものを持って叩き鳴らす騒がしいスタジアムが理想なんでしょうね。

メリハリをつけてここぞというときに手拍子とるのが理想と思うんだけど。。。
by somewheresw | 2004-06-14 21:26 | sanfrecce

6/13鹿島戦

主審上川が嫌われている理由がわかった気がした試合だった。
前半は大してミスジャッジがなかったので「一応は国際審判なんだな」と思いながら見ていたけど、後半2つもダメージの大きいミスジャッジしやがって腹が立った。
一つはPK、もう一つは吉田へのレッドカードである。どちらも鹿島選手のダイブとB6で見ていた私には見え、後半44分の吉田へのレッドカード食らったシーンではあまりに腹が立ってその瞬間に会場を去ってしまいました。

とはいえ、主審のひどい判定がなくともサンフが勝てる内容でもなかったのも事実。
前半は3バックで守備が比較的安定してFW外池がそれなりに利いていたが、後半吉弘と交代で大木がでて3バックがリカルド吉田のこないだ3失点食らったヴェルディー戦と同じになってからは鹿島側がゴール前に迫ることが増えた気が。さらに外池と前田俊介が変わってからは前線でのポストがきちんとできるターゲット役がいなくなり、セカンドボールも鹿島に取られる比率が高くなりもう運よく1点入る事を祈るしかなく勝てる気がしなくなった。

鹿島は守備、中盤まではいいのだが、ウチ同様FW陣というかゴール決める人材がいないのが優勝争いから外れた要因かと感じました。
by somewheresw | 2004-06-13 19:59 | sanfrecce

明日の展望

スタメン予想

         外池
     カズ     浩司

服部  サンパイオ   李   駒野

  吉田   リカルド  吉弘

         下田

おそらく外池が真ん中で両サイド森崎兄弟の3トップでしょう。で、後半ハンジェと交代で大木がでてカズがボランチに下がる。心配なのはチアゴ、小村の不在と小村の変わりに出る吉弘がツーロン帰りの疲労からどうなのか。また明日は快晴の6月昼の試合だから暑さの影響で運動量が落ちておそらくかなりの時間、鹿島に支配されるだろうから、カウンターアタックとかゴール前でのセットプレーをどう決めるかが鍵になると思う。
また明日の試合のあと2日後には横浜に移動し横浜FMと、さらにその2日後にはビッグアーチに戻って新潟と試合。1週間の3連戦しかも2つは強豪とかなり見通しは厳しい。3試合のうちせめて1つは勝って欲しい。
by somewheresw | 2004-06-12 21:23 | sanfrecce
結局、得失点差を詰めることが出来ない結果で終わっちゃいました。一応オマーンとの直接対決で負けなければなら他2試合勝てば問題なく2次にすすめるがマジで心配になってきた。

サンパイオ引退ネタは今は思うことが上手くまとめられないので、その日が来たら書くと思います。
by somewheresw | 2004-06-11 21:07 | 其の他

昨日の代表戦を見て

久保のゴールには痺れました。久保らしい豪快なボレーシュートで惚れ惚れしますね。
一方で1点でも多くとって得失点差を稼ぎたいのにもかかわらず、中村俊輔が攻撃面でアーリーカウンターする状況なのに無駄なパスで相手の守備体型が整えられたり、ペナルティーエリアでシュート撃てそうな状態なのにシュートでなくパスを選択する様は、サンフでもよく見られる光景で見ていて複雑な気分だった。
あと、右サイドの加地なら駒野が五輪で活躍できたらポジション獲れるんじゃない?
by somewheresw | 2004-06-10 21:54 | 其の他

6/9練習なしかよ

今日は非番だったので水曜恒例の紅白戦でも見に行くつもりで早起きして一応サンフの公式HP見たら
「6/9 off」
なんじゃこりゃ~!
平日の休みは友人は大抵仕事だし、仕方がないので2度寝して自分の服の洗濯などの家事やって、あと仕事関連の本を読むなどして1日を過ごしました。

今度吉田に行けそうな日は23日かな。サンパイオの本が出るらしいのでこちら
買っていって記念にサインしてもらおう。
by somewheresw | 2004-06-09 18:59 | 其の他

サンパイオの後釜決定

報知の記事は飛ばしでなかったようで、今朝の中国新聞にも「ベット獲得」の記事が(ネット版には今のところ書いてないけど)。
去年は名古屋で通用しなかったマルセロ、今年は札幌からホームシックで帰ったベット、どうして途中加入の外国人はそういう人選なんだ!ベット獲るためにサンパイオを金以外の理由で放出なら本当にガッカリだ。

あっ、もしかしてサンパイオだったら若手選手にはなかなか乗り越えられない壁だけどベットなら乗り越えられるという配慮で獲得?
by somewheresw | 2004-06-08 06:16 | sanfrecce

6/6サテG大阪戦

職場関連のバーベキュー会が土師ダム付近であったのでついでに見にいったよ(なくてもいっただろうがな)


スタメン
  中山   田中   眞中
    (→70茂木) (→65青山)      
木村           佐藤一
(→66松浦)
     高木  高萩

  西河   八田    井川 
        
      佐藤昭

G大阪
FW 三木
MF 矢野 松下 家長(ユース)岡本 寺田
DF 丹羽 木場 青木 小暮
GK 日野
サブ
GK木村(←71日野)、MF松岡(ユース)(←80小暮)、
MF渡部(ユース)、FW出口(ユース)
あと丹羽が誰かと後半終了間際に変わっていたはず。

前半24分に速攻で中山が佐藤一の右からのクロスをヘディングで先制点をいれた。
しかし後半12分に井川に2枚目のイエローで退場となってからはほぼG大阪の一方的に攻められ後半18分、21分、31分にゴールをわられ、さらに後半40分には中山までもが2枚目のイエローで退場となってさらに1点とられ、終わってみれば1-4の完敗。
審判がカード出すまでもないようなファールとかシミュレーションまがいに派手に倒れたものまでカードだして両方で記憶しているだけで8枚の大乱舞。もしかしたら10枚以上でていたかも。
ちなみに井川が退場してからは、洋次郎が最終ラインに入り中盤に元気、その後同点にされたあとは眞中と変わった青山をボランチにいれたりしていたような。

後半は人数が減ってからはメチャクチャで今後に参考になるものがほとんどなかったので前半の戦い方について書くならFWとボランチの間に距離が開いていてそこにスペースができていた。サイドから攻撃することを徹底させるのが作戦だったのだろうがそのせいでボランチが穴をふさぐ為に動き回るのが精一杯で中盤でゲームメイクは出来る状況になかった。FWが悪いのか、サイドがわるいのか、ボランチが悪いのかわからないがあまり良い戦い方ではなかった。

さて、今日吉田での最大の見所は試合そのものよりもその試合に昨日山形で試合していた横浜FC監督リトバルスキーと関係者がサテの試合を見に来ていて、織田氏などと話をしていたことである。
おそらく今日出ていたFWの誰かを移籍させる方向にありそうだといったことであろう。
by somewheresw | 2004-06-06 20:28 | サテライト

6/5ナビスコC大阪戦

今日も暑かった。やはり屋根ついたスタジアムが欲しい。

さて試合は2-0でサンフレッチェの勝ち。
内容は前半、先週ヴェルディーにこういう感じで負けたんだろうなというくらいパスミスが多く緊張感に欠けた試合でした。
見る楽しみといえば森脇がJのプロ相手にどんなプレー見せてくれるかといった点だけ。しかもカズをはじめ初物には信頼がないためパスをださない連中が多くて森脇はフリーでもオーバーラップしてもボールが来ない。だからほとんど左サイドでゲームが展開されてました。

前半12分チアゴがホーム初ゴールをこれまた流れの中では始めて決めたが前半37分に負傷退場で前田と交代。
前田に変わってから少しは私的には見る意欲が湧いてきました。前回はプロの壁にモロにぶつかったらしいですが、今日に関してはトップでも使いつづければ通用する可能性があるとをみました。トップにいる他のメンバーの多くはゴール前でもパス選択してチャンスを潰す選手が多くて萎えるシーンがたびたびあるわけですが、彼はシュートを意識して相手と勝負から逃げずにプレーするのは好感がもてます。後半最後のあたりでは他選手も俊介を探してパスだしていたくらいですから、ある程度はチームメイトからの信頼を得ることができたのでしょう。まぁセレッソは守備面ではJ1でも下の方だから前向いて何本かシュート撃てたのかもしれないですが。
でも来週以降のリーグでは浩司がいるし、2ndステージから来る新外国人は攻撃的MFとかFWが出来るプレーヤーなのでその2人、そして大木を乗り越えなければ試合に出る、ベンチに入ることができないのが厳しいところです。

森脇はいつもどうりにプロ相手でも1対1では強さを見せたけど、ボールを取ったあとの動きにやはり課題があるようで。元FWだからかよくゴール前に飛び込んでて1本ヘディングで惜しいシュート撃ったがかつて井川も大久保も惜しいシュートはなってたわけで、そういったチャンスで決められるかどうかが今後起用されるかどうかの分かれ目になるかもしれません。

2人ともリーグでの出番は当分ないでしょうが、サテライトの試合・ユースの試合でいい結果をだして今度はトップのリーグにでられるような活躍をしてもらいたいものです。

あと負傷退場したチアゴ、そして後半終了間際にリカルドが担架で出されてて2人の状態が気がかりである。
by somewheresw | 2004-06-05 19:46 | sanfrecce